MENU

今年10歳になる息子が生まれてからというもの、4歳年下の妻との関係は冷え切り、俗にいうセックスレス状態。女は出産を経験すると母になってしまうんでしょうか。求めても求めても「疲れてるから…」とか「もう私達そういう関係じゃないでしょ…」と言った感じで拒まれてしまいます。お陰で俺の性欲は溜まりに溜まるいっぽうです。

 

ああ、セックスだけさせてくれる都合の良い女がどこかに居ないだろうか…とぼんやりと考えていたところ、仕事の休憩中にスマホをいじっていると割り切り掲示板というものを発見しました。割り切りというのはもしや、体だけの関係という事か…?ムラムラしていた俺は興味津々で割り切り掲示板に寄せられている投稿を覗いてみることにしました。するとそこには性欲旺盛な女性が体だけの関係を探す書き込みに溢れており俺の知らない世界が広がっていました。セックスレスの性でスケベ心満載の俺はそれらの投稿の中から一人の女性を選び、早速割り切りでセックスしたいと申し込みをしました。

 

数分後その女性から返事が届き、そこには「新宿歌舞伎町のレンタルルームを取ってあるからそこに来てほしい」との旨が書かれていました。これで妻以外の女とタダマンできる。溜まりに溜まった性欲を発散させることが出来る。期待に胸を膨らませ指定された場所へと向かいました。

 

セックスレスというのは実際になってみないと辛さは分からないものです。それに43歳にもなったら性欲は減退するかと思いきや、日に日に増すいっぽう。本当に辛くて寂しい日々でした。しかしこれで俺も報われます。妻には申し訳ないけど見ず知らずの女性と思う存分セックスをしてやる!しかしそんな期待もすぐに裏切られることになってしまいました。

 

 

[プロフィール]
名前:坂口
性別:男性
年齢:43歳
職業:会社員(警備会社勤務)

 

4歳年下の妻と10歳になる息子と三人で暮らしている会社員。仕事の休憩中スマホでネットサーフィンをしていた時、たまたま割り切り掲示板というものを発見する。興味津々で覗いてみると性欲旺盛な女性が体だけの関係を探す書き込みで溢れていた。自分の知らない世界を見つけたと衝撃を受け、スケベ心から掲示板に書き込みをしている一人の女性に割り切りの申し込みしてみるとすぐに「新宿歌舞伎町のレンタルルームに来てほしい」との返事が届く。指定された通りレンタルルームに向かうと相手の女はいきなり6万円を請求してきた。支払いを拒むと裏に怖い人がいると脅迫され、キャンセルするなら5万円をよこせと再度請求される。どうせお金を払うなら6万円を出してセックスをしたほうがましだと思い事に及ぶと、何とも味気ないセックスで済まされてしまった。

 

後日その件を会社の同僚に話したところ、割り切りというのは体だけの関係ではなく基本的には援助交際のようなものだと聞かされる。更に歌舞伎町のレンタルルームを指定するところを見ると、もはや素人ではなく最初からボッタクリ目的の悪徳組織だという事も聞かされた。どうやら同僚は割り切りに精通しているようで、誰でも使える掲示板は恐喝や美人局の温床になっているので危険とのこと。同僚自身もかつて美人局の被害に遭いそうになったことがあるという。

 

同僚いわく、素人の女とタダマンしたいのならPCMAXという出会い系サイトを使ったほうがいいとのこと。そのアドバイスを参考に自らもPCMAXを使いタダマン女性を探すことに成功。